子犬のしつけ

スポンサードリンク

しつけは子犬の時期から


子犬のしつけ

犬のしつけ、早いに越したことは無い


何をするにも早く始めるに越したことはありません。

もちろん犬のしつけもそうです。子犬のうちからよい習慣を身につけさせることで、手のかからないかわいらしいペットになってくれます。


しつけは子犬の時期からについて「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ


子犬の頃からしっかりとしつけておけば、大人になってからも穏やかに過ごすことができます。あまり知られていませんが、部屋作りなどの環境がその後の成長に大きく影響してきます。他にも食事やトイレ、留守番など子犬のときにしつけておきたい内容をまとめています。是非参考にしてみてください!
スポンサードリンク
しつけ(躾)に最適な部屋作りの方法
しつけ(躾)に最適な部屋作りの方法 子犬のうちから徹底しよう!いい子に育つ環境づくりしつけは子犬を迎えたその日からするのが基本です。いたずらや失敗をしにくい環境を作り、トイレや留守番、散歩など、暮らしのしつけを徹底すれば、いい子に育つこと間違いなしです。
愛犬と快適に暮らすためのドッグアイテム一覧と特徴
愛犬と快適に暮らすためのドッグアイテム一覧と特徴 子犬と快適に暮らすためのアイテム選び子犬を飼うためにアイテムをしっかりそろえておきましょう。でもどんなアイテムを・・・?とわからない人のために、必要なアイテムを紹介していきます。子犬を迎える準備はしっかり
愛犬が喜ぶハウスの作り方
愛犬が喜ぶハウスの作り方 愛犬と飼い主の良好な関係をハウスで愛犬のハウスは愛犬にとってマイホームです。とくに雄になると、縄張り意識が高いので、しっかりスペースをとっておいたほうが無難です。しかし、無暗にスペースをとりすぎても飼い主さんのスペースが邪魔され
ハウスリード
ハウスリード 困った行動を未然にふせぐハウスリードコントロールハウスリードを使えば効率的に、いたずらなどを防ぐことができます。ハウスリードの使い方から、一番効果のある使い方まで、このページで紹介しています。当サイト運営チームもおすすめするのがハウスリード
ドッグフード(手作りフード)の種類や選び方
ドッグフードにはどんな種類があるの? 基本の食事で犬を健康に育てよう!大切なことは犬の健康を守ることです。犬の食事は、ドックフードなどの市販されているものがよいという考え方もあれば、手作り食がいいという考え方もあります。体質はもちろん、犬種によっても違い
すぐに覚えるトイレのしつけ方
すぐに覚えるトイレのしつけ方 トイレを教えるときは「大きいトイレ」を作ることが一番の近道子犬を飼ってから一番最初にしつけないといけないことが、トイレです。どこでもトイレをされてしまったら大変ですんで、先ずは失敗させない環境作りが大切です。トイレを早く覚え
愛犬とのスキンシップや抱っこで健康チェックをする方法
愛犬とのスキンシップや抱っこで健康チェックをする方法 健康チェックは犬とのスキンシップで愛犬とスキンシップをとるということは、様々な意味があるのです。体調のチェックだったり、信頼を深めたりといろんな理由があるのです。ここのページでは、愛犬とのスキンシップ
愛犬を上手に留守番させる方法(しつけ方)
愛犬を上手に留守番させる方法(しつけ方) 留守番に慣れさせるには、犬が安心できる環境をつくることが大切留守番ができるのを当たり前にしておきたい。どんな家庭にも家のなかから家族がだれもいなくなる時間はあるはずです。たとえ、家に誰もいなくなることが少ないとし
犬を社会に慣れさせる(その1)
犬を社会に慣れさせる(その1) 生活音を聞きならして愛犬の社会化を目指す子犬のうちから人間の社会に溶け込むことができるようにある程度訓練しておくことが必要です。ここでは慣れさせておくことが必要な事項をまとめてみました。子犬のうちにいろいろな物事に慣れさせ
犬を社会に慣れさせる(その2)
犬を社会に慣れさせる(その2) 屋外の刺激に慣らす練習をしましょう。子犬を社会化するうえで、電車や車など、刺激に慣れさせることも重要です。慣れさせ方が不十分だと様々な刺激音に吠えるなど、困った行動を起こしやすくなりますし、犬自身にもストレスがかかります。
| 1 | 2 | 次ページ >>