愛犬と快適に暮らすためのドッグアイテム一覧と特徴

スポンサードリンク

愛犬と快適に暮らすためのドッグアイテム一覧と特徴


犬のしつけ

子犬と快適に暮らすためのアイテム選び

子犬を飼うためにアイテムをしっかりそろえておきましょう。
でもどんなアイテムを・・・?とわからない人のために、必要なアイテムを紹介していきます。

子犬を迎える準備はしっかりとする

余裕をもって、子犬を迎えるために子犬の生活環境を整えるグッズをあらかじめ準備しておきましょう。
先ずそろえておきたいのは、サークル、寝床、トイレトレー、トイレシーツ、食器、おもちゃです。
サークルで犬専用の生活スペースを作ることで、トイレを教えたり、いたずらを予防したり解消したりできます。
また自分の居場所があるということで安心感や自立心も生まれます。
散歩や外出に必要となる首輪、リード、キャリーバックも余裕があるなら準備しておくように。

それぞれのアイテムを用途をかんがえよう!

子犬と生活するうえで必ず必要になります。

トイレシーツ...

トイレトレーに敷いたり、サークル全体に敷き詰めたり、屋外で使うこともあります。
ワイドサイズ(約60㎝×45㎝)以上の大きさのものを選ぶようにしましょう。

サークル...

犬も家が欲しいものです。自分だけの居場所があるのとないのとでは、ストレスがあるかないかぐらい違います。
そこでサークルで囲って犬の居場所を作ってあげましょう。
子犬だとしても、2畳分ぐらいの広さはほしいものです。
パーツを組み合わせて広さを変えられて、屋根がついたものを選びましょう。

クレート...

ハウスとして使います。立ったときに頭がぎりぎりつくくらいの高さで、足を伸ばして横たわれ、中で方向転換までできる広さがベストです。
成長とともに買い替えていきましょう。

トイレトレー...

犬がその場で一周回れるぐらいの大きさのものを用意してあげましょう。
ただ、シーツを破ってしまう子もいるので、カバーつきのものでシーツを固定してあげるのがおすすめです。

食器...

食事用と水飲み用でふたつ用意してあげましょう。
重さのあるものを選んで、犬がひっくり返さないようにしてあげましょう。
そして丈夫なものを選んであげるのがポイントです。陶器製かステンレス製がおすすめです。


トイレそうじグッズ...

かごなどに、毎日のトイレ掃除、粗相の処理用にぞうきんやトイレットペーパー、ウェットティッシュなどをひとまとめにして入れておきましょう。

首輪...

つけたときに、首輪の下にに指が2本入る程度のフィット感でつけるのが基本です。
サイズが合っていることはもちろんですが、軽い素材で、バックルタイプのものだと扱い方が簡単なのでおすすめです。

おもちゃ...

子犬は子供と同じです。おもちゃがないと始まりません。
デンタルコットンなど飼い主と遊ぶためのおもちゃ、コングなど一人遊び用のおもちゃを用意しておきましょう。
思い切り遊ばせても壊れない丈夫なものを選んであげてください。

抜け毛クリーナー...

犬を飼ったら抜け毛対策は不可欠ですね。
抜け毛は掃除機では取りにくいですし、専用の抜け毛クリーナーや掃除用の粘着ローラーでまめに取るようにしましょう。

リード...

丈夫な材質のナイロン製や革製がおすすめです。
チェーン製だと愛犬の手を傷つけたりしてしまうことがあるため、おすすめできません。
プラスチック製はちぎれる可能性も高いです。
200㎝ほどの長さがあれば長すぎず、短すぎずちょうどいいぐらいでしょう。

キャリーバッグ...

電車やバスなどで移動するときや、ちょっとしたおでかけ、動物病院へ連れていくときなどに便利です。
クレートより軽く、小回りがきくので持ち運びがかなり楽です。
丈夫なものを選びましょう。

消臭剤...

うんちやおしっこの臭いを消すことができるので、粗相をしたときに便利です。
粗相をした場所にスプレーをすれば、匂いがきれいに消えます。
間違った場所にオシッコやうんちをしてしまった場合に使うと効果的です。

少しだけ注意点

ケアグッズ(ブラシなどなど)のようなお手入れグッズは犬種によって必要なものが異なってきます。
購入するときはペットショップのスタッフに相談してそろえるようにしましょう。
お手入れを始めるタイミングとしては、子犬が家に慣れ始めてきたあたりからです。


愛犬と快適に暮らすためのドッグアイテム一覧と特徴について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

運営チームスタッフの一人が飼っているチワワの子犬。 間違ったところにおしっこやうんちをしてしまったので、消臭スプレーで綺麗に臭いを消しました。 そうしたら今度からしっかりトイレでするようになりました。 消臭スプレーってかなり効果があるんですね♪ 上記の商品は子犬を迎えるときに必ず必要になるものなので、子犬を買うときに併せて買っておいて損はありませんよ^^

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。