しつけ(躾)に最適な部屋作りの方法

スポンサードリンク

しつけ(躾)に最適な部屋作りの方法


犬のしつけ

子犬のうちから徹底しよう!いい子に育つ環境づくり

しつけは子犬を迎えたその日からするのが基本です。いたずらや失敗をしにくい環境を作り、トイレや留守番、散歩など、暮らしのしつけを徹底すれば、いい子に育つこと間違いなしです。

いたずらできない環境づくりがいい子に育つ第一歩なんです。

先ずは、いたずらや粗相の原因になるものがないかチェックしてみましょう!
犬は何でも気になりますし、気になるものは口に入れ、噛んでしまう習性もあります。
コンセントなどはかじると危険ですし、カバーを取り付けてあげる。中毒を起こしやすい観葉植物は置かないようにするなど、犬にとって危ないものがないか家になかをチェックして対策を立てましょう。
また、犬はいたずらなどのしてほしくないことも、一度は体験するとそれを繰り返します。


たとえば、ごみ箱をいたずらして楽しい経験を覚えて、またゴミ箱をいたずらするような感じです。
だから事前に犬の届かないところにゴミ箱などを配置しておいたり、壁を作っておくことで、防いでおくのです。


また、玄関マットなどのマット類も要注意です。トイレはフローリングからトイレシーツへと足の感触が変わりますが、マット類もそれに感触が近いため、トイレの感覚を呼び起こしやすくなります。


いたずらや失敗、粗相などの原因になるものは、犬が成長するまで片づけておくことが無難です。

敷物の敷き方に注意

床より表面積の小さいマット類は、トイレと間違いやすいですが、床全体にカーペットを敷き詰めるのは問題ありません。
ただし毛足が長いものは、犬の爪にひっかかりやすいので、毛足が短いものを選んであげると愛犬は喜ぶと思います。

室内のチェックするポイント

愛犬の困った行動を未然にふせぐ部屋づくりで、良い子に育てていきましょう。

コンセントやコード...

かじると感電する危険があるコンセントです。
部屋で犬を飼うなら、コンセントにはカバーをつけたり、コード類もカバーをつけるか、見えないところにしまっておくかしておきましょう。

マット...

粗相のもととなるそうな、マットやラグマットです。
トイレを完璧に覚えるまでは、敷くのはやめておきましょう。

浴室の入り口...

浴槽に転落する可能性がありますので、浴室の入り口は閉めておくようにしましょう。
入れないようにしておくのも愛犬のためです。


キッチンの入り口...

食材はあるは、火はあるわ、包丁があるわと...犬にとって危険なものがたくさんあります。
ドアがある家庭なら大丈夫ですが、開放的な間取りなら、柵を設置しておきましょう。

床の素材...

フローリングはすべりやすく、犬の骨や関節に負担をかけてしまう可能性があります。
チワワなどの子犬の場合、フローリングを歩かせる場合は気を付けましょう。
コルクマットなどで、床全体を敷き詰めておくのも、犬が歩きやすくなっていいと思います。

家具...

飾り棚タイプの家具には、犬の口の届く高さに小物類を置いておかなようにしましょう。
口に入れたり、遊んで壊したりするかもしれません。

観葉植物...

アイビーなどの観葉植物のなかには、口にいれると中毒を起こしてしまう種類もあります。
小さなものなら手の届かないところに移し、大きなものは柵を設置して近づけないようにしておきましょう。

スリッパやごみ箱...

かじられたり、ひっくり返されたりして困るものは床に置かないように。
どうしてもゴミ箱を近くに置きたい!というなら蓋がついているゴミ箱にしましょう。
しかし上手に蓋を開ける子もいるので要注意です。

テーブルの上...

ひっくり返したり、かじったりして、食事などが置いてあると危険です。
灰皿や飲み物のカップ、リモコン、ペンなどの小さなものもすべて片付けます。


しつけ(躾)に最適な部屋作りの方法について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

愛犬のための部屋の環境づくりも大切なことです。 人間とは違い、当たり前のように置いてあるものが、犬にとっては危険なものになってしまうこともあるので、一旦冷静に部屋の中を考えて片づけられるものは片づけて、お部屋で楽しく愛犬と遊びましょう!

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。