愛犬とのスキンシップや抱っこで健康チェックをする方法

スポンサードリンク

愛犬とのスキンシップや抱っこで健康チェックをする方法


犬のしつけ

健康チェックは犬とのスキンシップで

愛犬とスキンシップをとるということは、様々な意味があるのです。
体調のチェックだったり、信頼を深めたりといろんな理由があるのです。
ここのページでは、愛犬とのスキンシップの取り方を紹介していきます。

どこを触られても大丈夫な子に育てます

犬の体のどこを触れても、反応しすぎないように、子犬のころから育てておくのは大切なことです。
触られるのが嫌いな犬になってしまうと、日常の手入れはもちろん、動物病院での診察などもスムーズにいかないことが出てきてしまいます。
基本的に犬はやさしくなでられることが好きですし、互いに信頼関係が築ければ喜んで身を任せてくれるようになります。
首筋からはじまり、背中など、敏感でない部分から触っていって慣れさせましょう。
足先など犬がいやがりやすいところは、おやつをあげながら優しく触って慣れさせていきましょう。

コミュニケーションと健康維持はお手入れが重要

犬の体を触れるようになったら、ブラッシングなどのお手入れもしてあげましょう。
犬はよく自分の口でなめて毛づくろいをしますが、限度がありますしね。
お手入れは見た目を美しく保つだけでなく、ダニやノミなどの寄生を予防してくれますし、衛生的にケアができるので、皮膚病などから子犬を守ることができます。
また、日常的に触れることで、かすかな子犬の体の変化にも気づくことができ、より愛犬の健康を維持できるようになるのです。

スキンシップのコツをご紹介

ただ単にスキンシップを取るわけではなく、効果を倍増させる触り方を紹介していきます。

話しかけながら触る...

犬をよりリラックスさせるために、話しかけながら触るようにしましょう。
話しかけることで、飼い主さんもリラックスでき、優しい気持ちで接することができるようになりますよ。

スキンシップの前に遊ぶ...

遊びや運動を事前におこない、子犬が疲れはじめたところを見計らってもいいかもしれません。

犬が嫌がるところは徐々に慣らしていく...

足先や、しっぽなど、おとなしく触らせてくれないところがありますので、そういう場所は無理強いをしずに、おやつなどを使って時間をかけてから受け入れられるまで根気よく慣れさせていきましょう。

スキンシップの取り方

先ずはパワーを発散させましょう。
スキンシップを取る前は、必ず遊びや散歩、運動をして、パワーを発散させ、疲れさせてからスキンシップを取るのがいいです。
逃げたり、暴れまわったりしないようにするためです。
またスキンシップを取る前は、リードを忘れずにつけておくようにしましょう。
二人で分担して、おこなっていくといいでしょう。

進め方としては、背中からしっぽをさわります。
リードをもって、ガムなどをかじらせます。背中からしっぽにかけて、ゆったりとした気持ちでなでます。
しっかりなでられたら、次に耳を触ります。
ガムをかじらせながら、片方の手で、耳を毛の流れに沿ってやさしく触ります。
マッサージするように触ると喜ぶと思います。
次に、胸から足先にむかってやさしくゆっくりなでます。
そして、頭や背中、おなかの脇を触るようにしましょう。
犬が気持ちよくなって落ち着いているようなら、頭や背中、脇をゆっくり触っていきます。

最後にお腹をさわります。
犬がリラックスしているのを確認して、みずからおなかを見せるようになったら、ゆっくりやさしくなでてあげましょう。

抱っこの仕方

犬が不安にならないような抱っこの仕方を覚えましょう。

先ずは、足に腕をいれます。
犬の横から前足の間に腕をしっかり入れます。もう片方の手はお尻のあたりをしっかり支えます。
支えがしっかりできるようになったら、声かけをして、抱っこしてあげましょう。
この時お尻をしっかりと抱え込み安定させるようにしましょう。

おとなしく抱っこをされていたら、良い子と褒めておやつなどのごほうびをあげ頭をなでてあげましょう。


口を開ける練習

歯磨きや、薬を飲ませないといけないときがあるため、この練習が必要です。
攻撃的な行動が見られる犬にはやらないように気を付けましょう。

先ずは頬を触ります。そしてマズルを触ります。
ガムなどをかじらせながら、真正面からつかまないようにして、おでこからゆっくるやさしくなでていきます。

そして、次は本格的に口を開ける練習です。

先ずは、おやつなどの臭いをかがせながら、マズルを触ります。
臭いはかがせたまま、左手で犬の上唇を歯でくるんで持ち上げるようにします。
そのまま下あごを少しさげるのですが、右手の小指で下あごを少し下げます。
それができたら、声かけをしながら口を開かせておやつを口の中に置いてほめてあげます。

以上で口を開ける練習は完了です。

成犬に行う場合はとくに気を付けて

口を開ける練習は、子犬のうちからトレーニングしておくことがベストです。
特に口周りは敏感な部分ですので、無理におこなうといやなことをされたと感じてしまい、それをやめさせようとするためにかんでしまうこともあります。
とくに成犬の時に口周りのトレーニングをすると、警戒心が強くなってしまって噛まれる危険もあるので、気を付けましょう。
もしやるときは、徐々にに慣れさせていくようにトレーニングしていきます。

トレーニングがうまくいったら

もし口を開けられるようになったら、ぜひ歯磨きを教えてあげてください。
布を使って簡単に歯磨きをすることもできますので、試してみるといいかもしれませんね。

ブラッシングの仕方

ブラッシングを上手にやってあげると犬も綺麗になりますし、喜びます。
ぜひマスターしておきましょう。

用意するもの

・コーム
・コング

手順

コングを与えながら、コームをかけていきます。
リードを犬につけ、ひざでリードを踏んだ状態で固定します。
コングにおやつを入れて与えながら、やさしくコームをかけます。
コームをかけ終わったら、おやつをあげて、コングと交換してあげましょう。
慣れてくるまで、トレーニングとしておこなっていくようにお願いします。

ブラシは被毛のタイプを知って選びましょう!

子犬に合ったブラシを選ぶのは、犬の被毛を知ることが大切です。
ここでは、毛質にあったブラシを紹介していきます。

金属製の固めのコーム...

スムーズコートよりもやや固めで、毛のヴォリュームがある、日本犬や
ウェルシュ、コーギーなどに最適です。
顔周りの仕上げも、コームで整えてあげてください。

たわしのようなコーム...

チワワやブルドッグなどに最適なのが、スムースコートです。
短くまっすぐな毛質な犬用のコートです。
ほこりや抜け毛も吸着しやすい、ゴム製のラバーブラシが運営チームとしておすすめです。

ブラシの部分が長いコーム...

ポメラニアン、ゴールデンレトリバー、などに見られる
長い被毛に最適なコームです。
毛のもつれをほぐしやすいので、もってこいです。

T字型のコーム...

上毛が固い、ミニチュアシュナウザーやテリア犬種に最適です。
抜け毛もとりやすいので、抜け毛をとる目的なら、どの犬種でもいいかもしれませんね。

一言アドバイス

犬の皮膚はデリケートなので、ブラシの扱い方には注意を...

間違った使い方をしてしまうと、皮膚を傷つけてしまうことがあります。
犬に痛い思いをさせたくないと思います。
とくにスリッカーブラシを使う犬種の場合は、ペットショップのスタッフに使い方を教えてもらって、実際に使うときの力加減などを教えてもらいましょう。

お手入れグッズは犬種によって異なります...

長い毛の子はコームのほかにスリッカーブラシが必要だったり、短毛の子は、ラバーブラシが必要だったりと、犬種によって必要なものが異なります。
初心者でも安全に使えるものをペットショップの人やトリマーに確認をして、少しずつそろえていきましょう。

シャンプーは専門家へ、爪切りや肛門腺のケアも。

お手入れを自分でしたくなる気持ちもわかりますが、爪切りや、肛門腺のケアなどはやはり専門家に相談が必要ですし、どちかというと任せたほうが安心です。
例えば、無理に爪切りをして怪我をしてしまい感染症にまでなってしまったら元も子もないですから。
また、失敗して痛い思いをさせてしまい、いやなことだと認識されてしまうと、足を触らせなくなってしまったりします。
無理せず専門家に頼ることも重要なのです。


愛犬とのスキンシップや抱っこで健康チェックをする方法について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

スキンシップのことを上記いろいろと紹介してきましたが、愛犬とのスキンシップの方法って本当に様々ななんですよね~。 どんな行動を教えるにしても、信頼関係を築くためには、しっかりと褒めてあげることが大切です。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。