すぐに覚えるトイレのしつけ方

スポンサードリンク

すぐに覚えるトイレのしつけ方


犬のしつけ

トイレを教えるときは「大きいトイレ」を作ることが一番の近道

子犬を飼ってから一番最初にしつけないといけないことが、トイレです。どこでもトイレをされてしまったら大変ですんで、先ずは失敗させない環境作りが大切です。
トイレを早く覚えてもらうコツは、子犬が粗相をする機会を減らすこともポイントの一つなのです。


そのためには、広いハウスを用意してあげ、トイレシーツを床全体に敷き詰め、どこでトイレをしても問題ないという環境を作ってあげるようにします。
愛犬の排泄のタイミングや、排泄のサインを知っておき、サークルを出ているときには、飼い主がタイミングよくトイレに連れていけるようにしておきましょう。
ちなみに運営スタッフの愛犬は、なぜか排泄をするときにジャンプして教えてくれますw

排泄のタイミング

トイレに連れて行くためには排泄のタイミングを覚えることが重要です。
ここではどんな合図とタイミングあるかを紹介していきます。

寝起き...

排泄のタイミングの王道です。
一度寝て起きたときは、オシッコがたまっているのです。

遊びや運動をしたあと...

飼い主と遊んだり、散歩に行ったりしたあとなど体を動かしたあと、頻繁に排泄したくなります。

屋内で自由にしているとき...

自由にしているときは、思った以上に体を動かしているものです。
15分という短い感覚で排泄する場合もありますので、どういうタイミングで排泄をするか見計らっておきましょう。

食後や水を飲んだあと...

ごはんやおやつを食べたり、水を飲んだりしたあとは、排泄しやすくなります。

興奮したあと...

興奮し、動きまわったあとも排泄しやすくなります。

一般的な排泄のサイン

犬は排泄をする前に、いつもしない行動でサインを出すことがあります。
たとえば、床や地面の臭いをしきに嗅いでいたりする場合。
これは排泄場所を探している傾向にあります。
またその場でくるくると回り始めるなどするときもあります。
これらの行動が見受けられたら排泄するよー!というサインになりますので、覚えておきましょう。

ハウスに大きいトイレを設置してあげよう。

当たり前かもしれませんが、子犬のころはトイレをまだ覚えきっていません。
最近では、ペットショップでしつけられていることが多いですが、それでもまだ子犬なので、環境が変わってそこでもトイレをしっかりできるかどうかは、飼い主さん次第になると思います。

その手順としてまずはハウスです。
床には一面、汚れてもいいようにトイレシーツなどを敷き詰めておきトレーニングをします。
クレートで食事をしたり寝たりする習慣がつけば、クレートのそばで排泄することがだんだんと少なくなり、いずれはなくなります。
そうなったらクレートのそばのシーツから外していって、最終的にトイレトレーの上のシーツでするようになるでしょう。

※オシッコがあちこちにはみ出したりフローリングの床が汚れたり、オシッコがしみこむのが心配なら、市販の防臭のすべり止めシートや、クッションフロアを床に敷いておくと安心です。
また、サークルが犬の動きによって前や左右に動くのを防止することができます。

平日に留守が多い家庭の場合は

トイレをしっかり見ていられないので、トレーニングは難しいですが、対策方法はあります。
どこでしても失敗にならないようにトイレシーツを敷き詰めて、トイレを大きくしておきましょう。
家にいるときはトレーニングでいいと思いますが、留守の時はサークル内に入れておいて、失敗体験をさせないようにしましょう。

根気よくするのがトイレトレーニングのコツです。

飼い主さんが見ているときでないとできないのが、トイレトレーニングです。
時間を作って積極的にトレーニングしていくようにしましょう。
また、失敗してもしからず騒がず、愛犬に見られないように片づけをするようにしましょう。
また、子犬が排泄を我慢できる時間は成犬に比べて少ないです。
がまんできる時間を見計らって飼い主さんが時間を見計らってあげて、タイミングよくトイレに連れていき、トレーニングしていきましょう。

失敗したときに気を付けたいこと

反応しないことがポイントです。

トイレトレーニング中に愛犬が失敗をしてしまうと、騒いでしまったり、叱ってしまったりする飼い主さんがいますが、そのようなことはしてはだめです。
飼い主さんにトレーニング中に気を付けてほしいことをまとめてみました。

騒がない...

排泄を発見すると、「わー!」など声を出したくなりますが、この騒ぐ行為はかえって逆効果なのです。
愛犬はオシッコをすると、注目してもらえると勘違いしてしまうので、あまり騒いでしまうと、飼い主の注意をひこうと思い排泄するようになってしまうかもしれません。

叱らない...

生まれたばかり子犬ですから、人間の生活やマナー・言葉がわからなくて当然です。
飼い主がなぜ起こっているのか、犬は意味がよくわからないのです。
しかもしかられるのがこわくて隠れて排泄するようになったり、遊んでもらえたと勘違いしてしまうこともあるので、注意が必要です。

後片付けはハウスに入れたあとで...

後片付けをしていると、手の動きでじゃれ始める子犬もいます。
遊びと勘違いしてしまうので、犬はサークルの中に入れてから、さりげなく無言で、片づけをするようにしましょう。

体罰を与えない...

これは絶対やってはだめです。
叩いたりしてしまうと、犬の心も傷つきますし、「オシッコ=叱られる」という変な結びつきをするようになってしまい、隠れて排泄をするようになります。

トイレトレーニングの具体的な方法

ではここで具体的にどんな方法で、トレーニングをしていくのか紹介していきます。

1.排泄のタイミングでハウスのトイレに連れていきます。

連れていく途中で失敗をしてしまうのを避けるために、前に排泄した時間を考えて早めのタイミングで抱っこして連れていきます。

2.サークルに入れるときは扉から入れるようにしましょう。

今後のことも考えて、犬が自ら歩いて入れるように、扉からサークルへ誘導するようにしましょう。
入ったらそこでほめてあげるのも忘れずに。
ここでサークルに入るのはいいことなんだと愛犬に印象付けてあげるようにしましょう。

3.言葉がけをしてあげる。

トイレで正しく排泄を始めたら、目線をはずしながら、声掛けをしてあげましょう。
ここでの言葉は任意のものでOKです。
言葉と排泄行動を関連付けさせるのです。

4.排泄に成功したらすぐにほめる

自分でしっかり排泄ができたら必ずほめるようにしましょう。
はじめのうちは、おやつをあげてもかまいません。
トイレで排泄をするといいことがあると印象付けてあげましょう。

5.屋根をあけてハウスリードをつけ、子犬をサークルから出してあげます。

扉をあけて、外に出してあげます。
これも子犬にとってはごほうびになるので、犬はサークルに戻って排泄するとごほうびがあると認識してくれます。
排泄時に声かけをするのは、犬がその声かけで排泄をしやすくするためです。

室内のハウスと外でもトイレはできるようにしておきましょう。

トイレシーツでのしつけができたとしても、外でのマーキングを覚え始めると、外でしたいと思い、室内でトイレをしにくくなります。
そうなると、トイレシーツをはずしてしまう飼い主さんがいますが、これは大きな間違いです。
ハウスの中でトイレをしなくなり、外でのみになってしまうとどんな事情があれど、散歩に連れていかないといけなくなるので、飼い主さんにとっても大変なことになってしまいます。
犬も散歩がないとトイレができないという状況になると、ストレスもたまってしまうと思うので、子犬のころから部屋でも外でもトイレをするようにしつけておく必要があると思います。

犬は一か所でトイレをする習慣はありません

本来犬には、1か所でトイレをする習慣がありません。
あちこちで排泄をするのが普通なので、トイレトレーを置いただけでは、トイレを覚えてくれません。
トイレを覚えるまでは、繰り返し連れて行き、「トイレシーツで排泄するといいことがある」と思わせる必要があります。
先に記述したハウスリードを使ってのトイレトレーニングをしていきましょう。

トイレを覚えてくれない主な理由

排泄のタイミングが合ってない。失敗したときに罰を与えている、トイレが汚れている、間違えやすいものがある。
愛犬がトイレを覚えてくれないのは様々な理由があります。
なぜトイレを覚えてくれないのかを、愛犬の様子を見て考えてみましょう。

トイレトレーニングの一環!上手な褒め方いろいろ

排泄後、ほめるときには、褒め方をランダムにすることが重要です。
いろいろな方法を使うことで、おやつの要求吠えを防ぐことも可能です。

おやつを与える...

トイレの近くに準備しておいて、フードやおやつを上手に排泄できたらあげるようにしましょう。頻繁にあげないように注意をしてあげてください。

散歩に行く...

散歩に連れってあげるのも、ごほうびの一つなのです。
ワクチン接種前は、抱っこして散歩に連れてってあげてください。

部屋に放す...

サークルから広い部屋に出られることは、子犬にとって大きなごほうびになります。
行動範囲だけ気を付けて片づけなどしっかりしてから出しましょう。

言葉でほめてなでる...

上手くできたときは、すぐに言葉で褒めてあげるようにしましょう。
子犬とのスキンシップで信頼度もあがりますので、おすすめです^^


すぐに覚えるトイレのしつけ方について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

トイレがしっかりできるようになると、飼い主さんも楽ですし、犬のストレスもかなり軽減されます。 子犬のうちにしっかりトレーニングしておけば、よっぽどのことがない限りしっかり覚えてくれます。 成犬になってからでも、もちろんトレーニングをすれば改善されるのでぜひ一度ためしてみてください。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。