愛犬のお手入れの仕方

スポンサードリンク

愛犬のお手入れの仕方

犬のしつけ

犬も身だしなみが大切です。
ブラッシングも毛並みもしっかりできるように、飼い主さんがよく抱く質問と回答を集めました。
ぜひ参考にしてみてください♪

おやつを使ってお手入れを良い印象に

足ふきやブラッシングなどで過去に痛い思いをした経験がある場合、嫌がるのは仕方がないことです。 すでにお手入れが苦手になってしまっている犬は、ブラシやタオルなど道具を見ただけで恐怖心がわいてきてしまいます。

恐怖心をまずは取り除くため、おやつを使って慣らしていくことから始めましょう。 長持ちするおやつを与えて、夢中になっている間に、ブラシやタオルを当てます。 まず初めは体に道具が当たっていることに慣らすだけで大丈夫です。 「お手入れ=おやつ」と少しずつ良い印象を与えていきましょう。

お手入れの基本

・おやつに夢中になっている間にさっと

お手入れのどのやり方は同じです。 長持ちするご褒美を食べさせている間にお手入れにに慣れさせます。 二人で行えるなら、お手入れをする人とご褒美をあげる人に分かれるとスムーズに行うことができます。

・無理はせずに段階をふんで

お手入れがすでに苦手になっている場合は、根気よく段階を踏んで練習していくことが大切です。 最初はほんの数秒にし、道具を体に当てるだけで終わりにしましょう。 少しずつ犬の様子を見ながら時間を延ばしていくようにしましょう。

犬の大会に出させる飼い主さんが年々多くなってきているようです。 お手入れをしっかりしてあげると、愛犬も喜ぶと思うのでしっかり手入れしてあげましょう♪

スポンサードリンク
足をふくのを嫌がる
足をふくのを嫌がる 少しずつ犬の様子をみながらトレーニングしましょう。基本として長持ちするおやつを食べさせ、おやつに夢中にさせます。その間に素早く行います。初めは、「タオルで足を触る」という行為に慣らすことから始めましょう。最初のうちは二人で行うのが良い
ブラッシングを嫌がる
ブラッシングしようよ ブラッシングに慣れていない犬にいきなりブラッシングを始めた場合次のような行動をします。ブラシにじゃれつくか、やめさせようとしてうなるなどの行動に出ます。過去にブラッシングで痛い思いをした経験があれば、ブラシを見ただけで逃げ出してしま
歯磨きをさせてくれない
歯磨きをさせてくれない 口元は犬にとってとても敏感な部位になります。初めは口のまわりを触る練習から行いましょう。触られるというこに慣れてきたら、ガムなど長持ちするおやつを使って、ガーゼやブラシに慣らしていきます。初めはガーゼやブラシを口のあたりにタッチす