愛犬への正しい食事の与え方

スポンサードリンク

愛犬への正しい食事の与え方


犬のしつけ

食事は人間と同じで犬のライフサイクルの一つです。 食事の上げ方や、躾方法などぜひ参考にしてみてください。

犬に催促されて与えるのはNG

犬にとって食事は大きな楽しみの一つです。 そのため要求して吠えたり、食器を守ろうとしたりと、問題行動につながってしまうこともあります。 大切なことは、犬に催促されて与えるのではなく、飼い主が主導で与えることです。

そのためには、与える時間を決めないことです。 時間を決めてしまうと、犬は覚えてしまうため、時間がきたら吠えて要求するようになる場合があります。

また、必ずしも食事は食器に入れなくても大丈夫です。 一度の食事をトレーニングのご褒美として何十回にも分けて手で与える日が合っても良いです。 飼い主の都合であくまでも与えましょう。


食事のルール

・食事を与える時間はバラバラに

時間を決めてしまうと、その時間を犬は覚えてしまいます。 そのため吠えて催促するようになってしまうこともあります。 その結果、吠えれば食事をもらえるという勘違いを引き起こしてしまうことになります。

・人間の食事を与えない

貰える時と貰えない時があることは犬にとって理不尽なことです。 一度与えれば、毎回要求するようになってしまうため、与えないようにしましょう。


犬にとって欲求が満たされる食事の時間は至福の時間です。 最高のタイミングと量をあげるようにしましょう。

スポンサードリンク
食事の準備をすると吠える、飛びつく
食事の準備をすると吠える、飛びつく 「早くごはんをちょうだい!」と要求していると考えられます。食事をこの状態で与えてしまえば、犬の思うつぼになってしまいます。「吠えたり飛びついたりすれば食事がもらえる」と学習しまいます。そのため、要求の行為はどんどんエス
食器を下げようとするとうなる
食器を下げようとするとうなる 「食器は自分のごはんを入れる大切なもの。取られないように守らなければ」と犬が威嚇しています。万が一の事故を防ぐため、おやつをあげて食器と交換する、犬の見えないところで食器を下げるなどして注意しましょう。いつも同じ食器だた、そ