食器を下げようとするとうなる

スポンサードリンク

食器を下げようとするとうなる


犬のしつけ

「食器は自分のごはんを入れる大切なもの。取られないように守らなければ」と犬が威嚇しています。
万が一の事故を防ぐため、おやつをあげて食器と交換する、犬の見えないところで食器を下げるなどして注意しましょう。
いつも同じ食器だた、その食器への執着心が高まってしまうため、素材や形が違うものをいくつか用意して使用するのも良いです。


「食器からおやつをあげて、その食器を下げる練習」をするのも良いです。
犬が空腹だと攻撃的になってしまい危険なため、食事のあとなど必ず満腹の時に行うようにしましょう。
威嚇がひどい場合は、専門家に相談するようにしましょう。

対処のポイント

・おやつを食べている間に食器と交換する

おやつを与え、食べている最中に食器を下げます。 慌てて下げると、食器を守ろうとしてしまうため、落ち着いて行うよう気をつけましょう。

・犬をおやつで誘導して食器から離し、食器を下げる

食べ終わったら、食器から気をそらすために、犬に大好きなおやつを見せ誘導します。 そして食器から離します。 犬から見えないところで食器を下げるようにしましょう。


おやつで食器を下げる練習しよう

①食事の時とは違う食器とおやつを用意

犬が満腹の時に食事の際とは別の食器と大好きおやつを用意します。 犬に食事のシーンを思い出させないように気をつけトレーニングを行いましょう。

②食器におやつをひと口分入れ、犬の前に差し出す

犬に「オスワリ」をさせてほめてから、食器に一口分おやつを入れます。 そしてそのまま食器を犬の前に差し出し、食器を持ったままおやつを食べさせます。

③食べたら食器を犬から離しおやつを足す

おやつを食べたら「オスワリ→マッテ」の指示を出します。 そして空になった食器を犬から離します。 ほめて次のひと口分をつぎ足しましょう。

④最後はおやつを手で直接あげて食器を下げる

②、③と同じ要領で、食器からおやつをあげ、食器を犬からはなしたら、次は手から直接おやつをあげます。 おやつを食べている間に食器を持っていき下げましょう。



愛情を注ぐけど、甘やかさない。そのサジ加減がポイントですね♪
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。