ドッグカフェに行くための準備や用意するもの

スポンサードリンク

ドッグカフェに行くための準備や用意するもの


犬のしつけ

ドッグカフェへ行くために...

ドッグカフェはトイレのしつけや基本のトレーニングができてからいくようにしましょう。 他の犬もいるので、急に吠えだしてしまったり、ケンカしてしまったりすると大変です。 このページでは、ドッグカフェへ行くために必要な準備を紹介していってます。

カフェでくつろげるかどうか見極めを

犬を連れてでも入れるカフェやレストランが最近増えてきました。 食べ物を扱うところに連れて行くため、衛生的に過ごせるようなマナーを守り、犬のトレーニングができていることが必要条件です。 その場所で犬がリラックスできるかが何よりも重要です。 長時間じっとしていることが苦痛に感じる犬をドッグカフェに連れて行くのはかわいそうです。 ドッグカフェは社会化訓練の場ではありません。 犬も飼い主もともに楽しめる場合利用しましょう。

愛犬がドッグカフェへ行ける段階かチェック!

トイレトレーニングができている

店内での排泄を避けるため、店に入る前に必ず排泄をすませておく必要があります。 トイレシーツの上で外でも排泄ができるようトレーニングしておきましょう。

アイコンタクト、マッテ、フセができる

アイコンタクトや、マッテはマスターしておく必要があります。 足元でのフセは犬が自らできるよう練習しておきましょう。 足元でのフセはドッグカフェでの基本姿勢になります。

ほかの人や犬に慣れている

なわばりを主張してお客さんが来るたび吠える犬、おびえている犬はドッグカフェに連れていく段階ではありません。 外の社会に慣らし、行けるかどうか見極めてからにしましょう。

人の食べ物は食べない

飼い主の食べ物を普段家でおすそわけしてもらっている犬は、外でも同じように吠えて要求してくるため、うるさく、他のお客さんの迷惑になります。 人の食べ物は与えないよう、日頃から習慣づけておきましょう。

MEMO カフェに行く前に運動させるのも◎

初めて行く場所では訓練できている犬でも、ソワソワしてしまうものです。 「ドッグカフェでは休憩する」ということを犬に教えるためにも、最初のうちはカフェに入る前にたっぷりと運動させ、疲れさせておくといいでしょう。


ドッグカフェでのマナー

人の食べ物は与えない

衛生的によくないだけでなく、一度味をしめると「もっともっと」と興奮してしまう可能性もあるため、決して与えないようにしましょう。

犬は足元に

犬はイスの上に乗せないのがマナーです。 通行の邪魔にならないよう、イスの下か足元で待たせます。 カフェマットを敷く、キャリーバッグに入れるなど犬が落ち着ける状態にしてあげるようにしましょう。

愛犬に合わせたグッズを用意

カフェマットや水、長持ちするガムなどのおやつ、トイレグッズは必需品です。 抜け毛が多い換毛期には洋服を着せ、よだれをたらしやすい犬にはよだれふきなど持参しましょう。 犬に合わせて用意するのがマナーです。

吠え始めたら外へ出

愛犬を落ち着かせるためにも、店内にいる他の犬を興奮させないためにも、吠えたら外へ出しましょう。 それを徹底することにより、吠えてはいけない場所だということを教えましょう。

店内での排泄は厳禁!

食事をする場所での排泄は絶対に避けましょう。 トイレサインが出たら、素早く外へ連れ出し、トイレシーツの上で排泄させるようにしましょう。

カフェでは指示ではなく静かに待つことを教える

犬に指示を出したら、解除するのがルールです。 しかし、カフェで「フセ」をさせると、飼い主が食事や会話に夢中になってしまい、まだ解除していないにも関わらず、フセの姿勢をやめているということになりかねません、 トレーニングの妨げになるので、カフェでは指示に従わせるのではなく、「飼い主が休憩しているときは自分も休憩する」ということを教えるようにしましょう。 犬がじっとしていなくても無視をし、犬が諦めておとなしくなったときにほめるようにしましょう。


ドッグカフェに行くための準備や用意するものについて「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

愛犬とドッグカフェは楽しいですよ~ 当サイトのスタッフもドッグカフェに休日愛犬と行くってのが楽しみでしょうがないって子もいます。 祝日の散歩コースにしたりすると、犬も慣れてきてリラックスできたりするので、ドッグカフェは犬にも飼い主さんにもおすすめの場所です♪

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。