動物病院での過ごし方や慣れさせ方

スポンサードリンク

動物病院での過ごし方や慣れさせ方


犬のしつけ

動物病院でのマナーは慣らすことからスタートしましょう。

動物病院などは、他の動物もいれば急に治療中の犬が鳴きはじめたり、愛犬を連れていくと不安な顔をしたりしてしまいます。 また、吠えてしまっている犬につられておとなしくできなかったり、吠え始めてしまったりすることもあるので、子犬のうちから動物病院にも慣れさせておくことが重要になるのです。 このページでは、動物病院で気を付けることや事前に準備していくことなどをわかりやすく紹介しています。

愛犬を興奮させないようにする。

治療のためにも、動物病院では愛犬を興奮させないことを第一に考えます。 マナーの前に愛犬がある程度落ち着いた状態でなければ、適切な治療が受けられないからです。 とくに待合室には他の動物もいますし、興奮しやすい環境の一つです。 フセの姿勢で待機させるのが、基本のマナーといわれていますが、それができないほどおびえてしまったり、興奮したりしてしまうときには、スタッフの方に伝えて外に出て待つのも一つの方法です。 愛犬も興奮や怯えというのはストレスにもつながりますので、よりよい治療や周囲へのマナーへとつながるように、動物病院では興奮させないということをテーマに待ちましょう。

動物病院に慣らしておく工夫を...

病気のときだけ動物病院を訪れていたのでは、犬には病院にいくといやなことをされるという印象が残ってしまいます。 治療時の恐怖心を少なくするためには、病院=良いところという印象をつけてあげることが重要なのです。 かかりつけの動物病院が決まったら、まずは動物病院の前でおやつをあげるなどして慣らしておきましょう。 とくにビビりやすい犬の場合は、病院のスタッフや先生にも協力をしてもらい、待合室を経由して散歩してあげるなどすると効果的です。


動物病院へ行くときに注意すること。

怪我や病気は突然やってきます。日頃から動物病院へいける準備を。

リードは必ずつけるようにしましょう

愛犬は体調にも敏感なので、普段よりも体調が優れなかったりするとそれだけで興奮しやすくなったりします。 そんなときにリードをつけずに動物病院で暴れてしまわないように、リードと首輪は外れ無いようにしっかりつけておくようにしましょう。 必要ならばキャリーバッグも持参していきましょう!

トイレセット、おもちゃおやつは必需品

キャリーバッグを使ってお出かけするときなどもそうですが、愛犬と外出するときは、トイレセットや、おもちゃ、おやつは必需品です。 急に興奮してしまったときや、落ち着いてほしいときなどに便利です。

動物病院待合室ではどんな風に過ごすの?

他の動物たちと一緒に待つ待合室なので、おとなしくすごせるようにしましょう。

他のペットには安易に近づけさせない

感染予防などのためにもペット同士は近づけないようにします。 特に子犬の時の場合は要注意です。飼い主を通して病気が感染してしまうこともあるので、飼い主さんも他のペットと接触をしないようにしてください。

足元かひざの上、そしてキャリーバッグに入れて

フセができるなら、足元などで待たせてあげましょう。 もし子犬のときなどまだまだ興奮してしまう時期の場合はキャリーバッグに入れておとなしくさせるようにしましょう。 ここでも椅子には直接座らせないようにします。

マッテとフセの練習をしても!?

愛犬が落ち着いているようであれば、待ち時間にふだん練習してきたことを実践してみてはどうでしょうか!? 基本はフセで待たせますが、患者さんや他の犬がきたときに反応しそうなときは、マッテと指示を出してみて、動かなかったら褒めるなどしてあげましょう。 病院では騒がないということをその機会に教えてあげるようにしましょう。

粗相とマーキングに気を付けて!

愛犬に動物病院へ来る前に、排泄させておきましょう。 待ち時間に排泄をしそうになったら、外に連れだしてトイレシーツに排泄させましょう。 その場合、動物病院のスタッフさんに迷惑にならないように気を付けましょう。 マーキングをしてしまったりしてしまったら、スタッフさんに必ず報告するようにします。


動物病院での過ごし方や慣れさせ方について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

動物病院はどんな犬も必要な場所になります。 慣れさせて、マナーの良い過ごし方をしつけてあげましょう。 先ずは行きつけの動物病院を決めるところからはじめてみてはどうでしょうか? 先生と仲良くなって、しつけのコツなんかも聞いてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。