愛犬を乗り物に乗せるときに気を付けること

スポンサードリンク

愛犬を乗り物に乗せるときに気を付けること


犬のしつけ

車&電車に乗せるならキャリーやクレートに慣らしておいて

車や電車に乗せるときには、キャリーバッグなどに入れておく必要があります。 日頃からそういったクレートやキャリーに慣らしておくようにしましょう。 このページでは、愛犬を乗り物に乗せるときに注意するところを紹介しています。

電車の利用はキャリーバッグに慣らしてから

体の小さい犬なら、キャリーバッグやクレートに入れて電車に乗ることができます。 キャリーなどの大きさには制限があり、料金が別途かかる場合があります。 利用する鉄道会社に詳しくは問い合わせてください。 キャリーバックに入っていても、吠えたり鳴いたりすると、ほかの乗客に迷惑がかかるので、電車はキャリーバックに落ち着いて入っていられるようになってから利用するようにしましょう。 最初は無理をせず、1駅分乗車できることを目標にし、少しずつ慣らしていきましょう。 

電車に乗る時の注意とマナー

食事は少なめに

電車の振動で酔ってしまうことがあります。 電車に慣れるまでは、乗車前の食事を少なめにし気をつけましょう。

慣れるまでは座らない

初めは他の乗客と距離を保った方が飼い主も犬も安心です。 連結部や、ドア付近に立っていた方がいいです。

キャリバッグから頭を出さない

犬の頭だけ出ていることがありますが、ルール違反です。 犬にとっても頭も完全にキャリーに入っている方が安心します。

車嫌いにさせない少しずつ慣らしていって

車に犬を乗せるときは、安全第一を考えましょう。 犬をクレートに入れることが基本です。 自由にさせておくと、運転の邪魔をしたり、いたずらをしたりと、危険です。 また、外の景色に興奮して吠えたりするのも防ぐことができます。 クレートの中でまずは落ち着いていられるよう、ハウストレーニングしておきましょう。 トイレは出発前にすませ、食事は胃に負担がかからないよう少なめにしましょう。 車酔いしやすいなら、動物病院で酔い止めの薬を相談し、吐いても騒がず、さっと片付けましょう。 ドライブの最初は、ほんの数分にし少しずつ距離と時間を伸ばしていくことが重要です。 無理することで、車嫌いになってしまうこともあるので、様子を見ながら慣らしていきましょう。

車に乗せるときのしつけと安全対策

クレートに入れる

クレートが大きすぎると中で犬が動いてしまうので、体の向きが変えられる程度のものにしましょう。 置う場所は後部座席の足もとが安全です。 布などを詰めて隙間を固定し、動かないようにしましょう。 座席や荷台に置く場合はシートベルトなどで固定しましょう。 シートベルト固定機能付きのクレートも市販されています。

犬用シートベルトで固定

胴輪に犬用シートベルトをつけ、後部座席に固定します。 ①窓から見えるものに吠えない ②排泄のコントロールができている ③車の中で落ち着いていられる この3つの条件がクリアできたら犬用のシートベルトをつけ、後部座席に固定することもできます。 犬用シートベルトは大型のペットショップなどで購入することができます。


安全に車を乗り降りするためのしつけ

小型犬はクレートに入れたまま乗り降り

小型犬の場合はキャリーやクレートに入れたまま乗り降りするのが安全です。

中・大型犬は指示で乗り降りを

「ハウス」などの指示で、キャリーやクレートで運べない中・大型犬は乗り降りできるように練習しましょう。 リードなどの着脱は車の中で必ず行うようにしましょう。

車の乗り方

①「オスワリ→マッテ」をさせる 車のドアを開け、その前で「オスワリ→マッテ」の指示をだし、ドアを開けたらすぐに車の中に入ってしまうことのないように注意してしつけます。 ②「ハウス」で社内のクレートに 犬が落ち着いていられたら、「ハウス」の指示を出し、車に入ることを許可し、リードは必ず、クレートの中に犬が入ってから外すようにしましょう。

車の降り方

クレートの場合

①クレートの扉を開けて「マッテ」 車のドアを閉め、クレートの扉を開けて「マッテ」の指示をし、勝手に飛び出さないように注意しましょう。 ②車内でリードをつける 車に飼い主が乗り、リードをつけます。ドアを閉めた車内でリードは必ずつけるようにしましょう。

シートベルトの場合

①まずは「マッテ」で落ち着かせて ドアを開けたら「マッテ」の指示をし、犬を落ち着かせます。 ②シートベルトを外す前にリードを はじめにリードをつけ、そのあと、シートベルトを外すという順序を習慣にすると安全です。

抱っこまたは指示で犬を降ろす

①で出したマッテに「OK」をだします。 降りるとき一番安全なのは抱っこなので、抱ける場合は抱っこで降ろします。 抱っこが難しい犬は「OK」の指示で犬を動かして、自分から降りるように促すようにします。


愛犬を乗り物に乗せるときに気を付けることについて「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

ついこの前、運営チームスタッフのわんちゃんを飛行機に乗せましたが、降りたときにぶるぶる震えていました。 少しかわいそうな気になりましたが、旅先で楽しんでいたのでまあよしです。 乗り物に慣れたら愛犬といろんなところへ旅へいけるのでおすすめです! ぜひできるようにしておきましょう!

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。