暮らしに役立つ犬のしつけ

スポンサードリンク

犬のしつけで楽しい生活


犬のしつけ

犬のしつけだけでここまで暮らしが楽しくなる!


ペットを飼う理由は、飼い主さんによってさまざまです。

それでもほとんどの飼い主さんはペットとの楽しい生活をしたいと思っているのではないでしょうか。

せっかくとのワンちゃんとの楽しいはずの生活も、しつけ方次第でツライものになってしまいかねません。

ワンちゃんとの楽しいペットライフが楽しめるような犬のしつけをまとめました。

犬のしつけで楽しい生活について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ


犬に基本動作をしっかりと教え込むことで、他のマナーやしつけについて驚くほどスムーズに覚えてくれるようになったという運営スタッフもいます。初めは大変かもしれませんが、根気よくそして犬とのふれあいを楽しみながら進めましょう!
スポンサードリンク
マグネット誘導の躾(しつけ)方
マグネット誘導の躾(しつけ)方 トレーニングに必要な基本の指示の出し方万が一のトラブルを回避したり、困った行動を未然に防ぐなどトレーニングをしっかりおこなえば、何歳になっても愛犬は覚えてくれます。このページでは、トレーニングをする前に事前につけておきたい
愛犬にアイコンタクトを教える方法
愛犬にアイコンタクトを教える方法 アイコンタクト愛犬と目をあわせるアイコンタクト。これをできるようになると、愛犬と阿吽の呼吸ができるようになります。しっかり覚えてしつけに役立てていきましょう。犬が飼い主を見るのは信頼している証拠飼い主とってアイコンタクト
おすわりの教え方
おすわりっ! オスワリとは?オスワリとは、犬のお尻が地面に着いた状態のことであり、すべてのトレーニングの基本中の基本のしつけです。犬を落ち着かせることができるため、コントロールしやすくなります。オスワリは犬が落ち着きを取り戻す姿勢お尻が地面についていると
「おすわり+まて」の教え方
犬のしつけといえば「おすわり」&「まて」 オスワリ+マッチ食事やおやつが目の前にあって、それを待つのは「オアズケ」という。「オスワリ+マッテ」では犬にとって魅力的なものが目の前になくても待てるようにするトレーニングです。犬に負担をかけずに待たせることがで
「フセ」のしつけ方
お出かけするならマスターしたい「フセ」 フセってなに?前足のひじとおなかが地面についた姿勢のことです。 一緒に使いことが多いのは、「まて」になりますが、先ずは「フセ」単体で覚えてもらうトレーニングをしていきましょう。犬が楽に、長く待てる姿勢です。犬が長く
「フセ+マッテ」のしつけ方
「フセ+マッテ」のしつけ方 フセ+マッテ指示を解除するまで、おなかとひじが地面についた姿勢で、飼い主の指示を待っている状態が「フセ+マッテ」ができている状態です。 通常のしつけの体勢と比べても「フセ+マッテ」という姿勢は、比較的犬に負担がかかりません。犬
「オイデ」のしつけ方
「オイデ」で呼んじゃいましょう! オイデ「オイデ」を使う状況は、離れた場所にいる犬を飼い主のもとに呼び寄せるときに使います。 「オイデ」で呼び寄せることができるようになれば、危険な場面でも犬を守ることができるためぜひマスターさせましょう。飼い主のもとに呼
「ツケ」のしつけ方
「ツケ」をしっかり身に「ツケ」ましょう ツケはできるようにしておこう!犬が飼い主の横で、同じ速度で歩くことをツケといいます。 ツケができるようになると、危険な場所で犬が勝手にとびだしたりしなくなるので安全になるなど利点があるためぜひ覚えておきましょう。横
「ハウス」のしつけ方
「ハウス」のしつけ方 ハウス犬がクレートの中に入ることをハウスと言います。 目標は、「ハウス」の指示だけでクレートに入るようになりそして、扉を閉めても静かに待っていられるようになることです。 これを覚えさせておくと、飼い主のタイミングで、ハウスに入ってく
愛犬のためのしつけ教室や訓練所の選び方
愛犬のためのしつけ教室や訓練所の選び方 しつけ教室の選び方しつけ教室は犬に人間との生活に必要なことを学ばせることができます。 子犬のうちからしっかりと、しつけることができるので検討してみましょう。しつけ教室は目的に合わせて選ぼうしつけにつまずいたとき、問
| 1 | 2 | 次ページ >>