愛犬にアイコンタクトを教える方法

スポンサードリンク

愛犬にアイコンタクトを教える方法


犬のしつけ

アイコンタクト

愛犬と目をあわせるアイコンタクト。これをできるようになると、愛犬と阿吽の呼吸ができるようになります。
しっかり覚えてしつけに役立てていきましょう。

犬が飼い主を見るのは信頼している証拠

飼い主とってアイコンタクトができるようになると、困った行動を回避できるなどいいことがあります。
また、犬が飼い主を見るのは、飼い主を信頼している証です。飼い主の行動や支持に集中するようになると、さまざまな場面で犬を飼い主がコントロールしやすくなります。

アイコンタクトできるとなにがいいの?

飼い主に集中することができるため、犬が誘惑に勝つことができたり、怖がって逃げたりすることを防ぐことができます。
また、アイコンタクトで目線を引きつけることができれば、危険を回避することもできるようになります。

どんなときに使えばいいの?

犬がほかの犬に吠える前や、飛びつきそうになる前など、アイコンタクトで目線をひきつければふせることができます。
アイコンタクトは、ご褒美をあげる前や、ごはんをあげる前など、犬にとって良いことが起こる前に使うと覚えやすくなります。

  • ごはんをあげる前
  • おもちゃをあげる前
  • 道でほかの犬や、人とすれ違うとき
  • 仲のいい犬にあいさつをさせる前や遊ばせる前
  • 来客にあいさつをさせる前

ポイントとしてはこのようなときです。

①マグネットを誘導する

犬と向かい合わせになり、ひざ立ちの状態で、リードを持ちます。
おやつを握ったもう片方の手を犬の鼻先に近づけ、興味を引きます。
おやつを手のひらにのせ、親指で押さえるようにして握るのがポイントです。

②自分の手をあごの下へ

手に集中したら、鼻先に近づけた手を自分のあごの下にゆっくりと移動します。
このとき、犬と目線を合わせようとして覆いかぶさると、犬が威圧感を感じてしむため上体を起こして背を伸ばします。
誘導する手が犬によく見えるよ、手をあごの位置にもっていくことがポイントです。

③目が合ったら名前を呼ぶ

犬と目が合ったら、名前を呼びます。合わないようなら、もう一度①からやり直します。
犬と目が合った瞬間のみ、名前を呼び、これを繰り返し行うことで「名前を呼んでくれた人の目を見ればいい」と犬が理解します。
目が合っていないにも関わらず、何度も名前を呼ぶと、犬が混乱してしまい覚えにくくなってしまうで注意しましょう。

④ほめてご褒美をあげ、なでる

目が合って名前を呼んだらほめてあげます。「良いコ」と声かけをし、握っていたおやつをあげ、なでます。
たくさんほめてあげましょう。
「ほめ言葉」「ご褒美」「なでる」この3つのご褒美を効果的に使うことにより、犬に飼い主を見ると良いことがあるという印象をつけることができます。


アイコンタクトのこんなときどうする?Q&A

Q、大型犬に教えるときにきをつけることは?

A、誘導の手を犬の鼻先に合わせて

小型犬には目が合いやすいよう、ひざたちの姿勢で行いましたが、大型犬の場合は立ったままでOK。
おやつを握った手は、大型犬の鼻先に合わせましょう。高すぎると、飛びつきの原因になります。また、低すぎると犬がにおいをかぎづらくなります。
おやつを握った手のにおいをしっかりかがせ、においをかがせたら姿勢は覆いかぶさらずまっすぐな状態で誘導の手をあごの位置にもっていき、目が合ったら名前を呼びます。

Q、すぐに目をそらしてしまいます

A、集中できない環境なのかも

犬がほかに気を取られているが、誘導するてを見失ってしまっているのかもしれません。
まわりに気になるものがなく、静かな場所で犬の目線がひきつけられるようにし、誘導する手をゆっくり動かします。

Q、ほめようとすると飛びついてきます

A、ご褒美を与えるときの手の位置が高いのかも

ご褒美を与えるときの手の位置が高い、またはおやつを待ちきれず犬が飛びついてしまうことが考えられます。
手の高さを適切な位置に変えるだけで、飛びつきは解消できます。
犬が立っていても座っていても、飛びつく必要がない犬の口の高さまでてを持っていくようにしましょう。
小型犬・中型犬・大型犬とそれぞれの犬の大きさにより、高さは異なるため、その犬に合った高さに誘導の手を出すことが大切になります。

Q、においをかがせたいだけなのにかみつこうとします

A、食べ物に執着する犬はリードを短く持って練習

おやつに執着しすぎている犬に多い行動はリードを短めにし、犬がおやつをとるために前へ出ようとする動きを抑えつつ、誘導しましょう。
おやつのランクを下げるのも効果的です。
リードは少したるませ、犬が前に出たらピンと張る位置で持つようにします。おやつをあきらめ、飼い主をみたら名前を呼びます。


愛犬にアイコンタクトを教える方法について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

アイコンタクトが上手にできていると飼い主と犬を見ると「信頼関係が築けているんだな」と思います。 躾の一環として愛犬に覚えさせるのは案外簡単にできるので、上記に記載してあることを参考にして、ぜひマスターしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。