「おすわり+まて」の教え方

スポンサードリンク

犬のしつけといえば「おすわり」&「まて」


犬のしつけ

オスワリ+マッチ

食事やおやつが目の前にあって、それを待つのは「オアズケ」という。
「オスワリ+マッテ」では犬にとって魅力的なものが目の前になくても待てるようにするトレーニングです。

犬に負担をかけずに待たせることができる姿勢

犬にとっても立ったままよりオスワリの姿勢で待つ方が楽なのです。ぜひマスターしましょう。
最初から長く待つのは難しいので、はじめは飼い主のそばで一瞬だけ待つことからスタートし、少しずつ待つ時間を延ばしていきましょう。

オスワリ+マッテができるとなにがいいのか?

犬にオスワリ+マッテをさせている間に、首輪やリードをつけるなど、犬を待たせながら飼い主は別の作業をするこが可能になります。
外出先でもマナーを守って過ごせるようにもなります。

どんな時に使えばいいの?

お手入れなど犬に何かをしてあげるときや、犬を待たせながら飼い主がべつなことをする時に、動かずに待っていてほしい時にも使います。
散歩中の飛び出しや、突進なども防ぐことができます。

  • 信号待ちのとき
  • 散歩中にウンチを拾うとき
  • 胸の毛をブラッシングするとき
  • 口をあける練習をするとき
  • 動物病院で治療費を払うとき
①オスワリをさせる

犬と向かい合わせいになりリードを持ち、おやつをもう片方の手に2個握ります。
おやつを握った手のにおいをかがせたあと「オスワリ」を指示します。
おやつを途中で失敗して落としてしまう場合のことを考えて、おやつは2個てに握りこみます。

②「マッテ」を指示

おやつを握った手を犬の動きを抑えるように顔の前に出して「マッテ」と支持します。
犬の動きを抑えるように右手を犬の前に出して空中でノックします。一瞬の「マッテ」の指示の後。
アイコンタクトするときは必ず上体を起こしてから指示しましょう。無意識に次の指示を行うと、犬に覆いかぶさってしまい威圧感を与えてしまいます。

③アイコンタクトをする

マッテをさせたまま、おやつを握った手を自分のあごの下に移動し、アイコンタクトをします。
飼い主を見つめている時間だけ犬が座った状態でじっとしている時間を延ばすことができます。

④ほめてご褒美をあげる

握っていたおやつを1個あげ、犬に「座って待っていると良いことがある」ということを覚えさせます。
犬が指示通りに座った状態でご褒美を1個だけあげて褒めます。

⑤念押しのマッテを指示してアイコンタクトで解除

ご褒美を食べて終わりと勘違いさせないために、もう一度②と同じ動作で「マッテ」と指示します。
そして③と同様にアイコンタクトをし、「OK」の声をかけてマッテを解除します。
マッテをする際、残っているおやつを落とさないように注意しましょう。2個目のおやつはトレーニングが失敗した場合の保険のためにもつので与えません。
失敗したときにそれを使って誘導し、オスワリをやり直します。


オスワリ+マッテのこんなときどうするQ&A

Q、アイコンタクトをするときに気をつけることは?

A、覆いかぶさらないように注意する

マッテの指示の後、アイコンタクトをする時に飼い主が覆いかぶさるような体勢で指示を出すと、犬は威圧感を感じてしまいます。
上体を起こして背を伸ばして手だけで指示を与えましょう。

Q、途中でフセをしてしまいます。

A、犬の足が滑らない場所で練習

床の上だと滑りやすいため、踏ん張りがきかず、ズルズルと滑ってしまうため、フセの姿勢になってしまいがちです。
犬のあしが滑りにくい場所で練習しましょう。じゅうたんや滑り止めのついたマットの上などで練習するとうまくいきます。

Q、ご褒美をあげるとマッテをする前に動いてしまいます

A、「マッテ→ご褒美」の回数をランダムにする

慣れると、ご褒美は一回しかもらえないことに気づく犬がいるが、「マッテ→ご褒美」の回数を変えて犬の思い込みを崩してトレーニングしましょう。
何度も練習できるよう小さいおやつをたくさん持っておきましょう。「マッテ→アイコンタクト→ご褒美」を1回だけでなく、ときには2回、3回とランダムに行いましょう。
最後は「OK」で解除します。

Q、「OK」の指示を出しているのにずっと待ったままです。

A、テンションをあげて犬を誘う

「OK」の指示がいまいちわかりづらいのかもしれません。もう少し元気よく声をかけたりするなど、自分の足をたたいて音をたてたりして動きを誘いましょう。
犬が動かないからといって、リードを引っ張ったりする行為はNGです。飼い主が体の動きで表現して伝えるようにしましょう。


「おすわり+まて」の教え方について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

「まて」を覚えさすことができれば、主従関係がしっかりできていると思います。 おすわりを覚えさせたあとは、「まて」もセットで教えるようにしてもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。