「ハウス」のしつけ方

スポンサードリンク

「ハウス」のしつけ方


犬のしつけ

ハウス

犬がクレートの中に入ることをハウスと言います。 目標は、「ハウス」の指示だけでクレートに入るようになりそして、扉を閉めても静かに待っていられるようになることです。 これを覚えさせておくと、飼い主のタイミングで、ハウスに入ってくれるようになるのでとても良いです。ぜひ覚えさせておきましょう。


ハウスに慣れると困った行動が未然に防げる

自分からハウスに入れるようになると、いたずらなどの困った行動を未然にふさいだり、旅行など場所が変わった場合でもクレートさえあれば安心できるようになったりします。 最初の日から入れる犬もいますが、警戒して入らない犬もいます。 ハウスのしつけに過去に失敗している場合は、クレートに慣らすことからまずは始めましょう。 じっくり焦らずに取り組みましょう。

ハウスができると何がいいの?

ハウスとなるクレートは檻のように見えますが、慣れれば犬にとって安心できる快適な場所になります。 クレートが好きになれば、病院やペットホテルに預けたたり、電車や車で犬を移動させる際など様々な場面で役に立ちます。

どんな時に使えばいいの?

来客時や、留守番、旅行のときなど「ハウス」でクレートに入れるようにしておきましょう。 災害などの緊急時にクレートに入って静かに待つことができれば、避難所でほかの人と一緒に生活することも可能になります。 例、旅行先、病院、ペットホテルなど場所が変わる時。   犬嫌いなお客さんが来たとき。   飼い主が食事をするとき。   災害などの緊急事態のとき。   留守番のとき。   車や電車で移動するとき。

STEP1

①ご褒美で中へ誘導する

片方の手でリードを持ち、もう方の手におやつを握り、そのにおいをかがせて興味を引きながら、犬がクレートに入ったと同時に「ハウス」と声がけをします。 ポイントはクレートの扉は閉めません。 扉を取り外すか、扉が動かないように固定すると練習しやすくなります。

②中に入ったらほめてご褒美をあげる

中に犬が入ったら、その状態をほめ、持っていたおやつをあげます。 もしも犬が手を振り払って飛び出したとしても、無理やりハウスの中に押し込んだり、飛び出すのを制御したり焦らないようにしましょう。 練習を積み重ねるうちに、勝手に飛び出すこともなくなります。

③「マッテ」の指示を出す

クレートに入って落ち着いておやつが食べれる犬には、犬の目線に合わせ「マッテ」の指示を出し待たせます。 手を犬の顔の前に必ず出して指示をすることがポイントとなります。

④ほめてご褒美をあげる

中で犬が待っていられたら、クレートに入っている状態のままほめて、ご褒美をあげます。 飼い主の指示でハウスの中で待っていると良いことがあるということを印象づけます。 中に留まっていられたらほめてあげましょう。

⑤「OK」の指示でハウスから出す

?「OK」と声をかけ、「ハウス」の指示を解除し、クレートの外にゆっくりと出してあげましょう。 くり返し練習を行い、そしてふだんからハウスの中におもちゃや、おやつを置いておくと、自分から中に入るようになり「ハウス」に慣れるのが早まります。

STEP2

①「オスワリ」の指示をしアイコンタクト

クレートに入れる前に、「オスワリ」の指示をおやつを使わずにしアイコンタクトをとります。 STEP1でクレートに慣らし、嫌がらずに中に入るようになったら「ハウス」の指示だけでおやつを使わずに入れれるように練習します。

②「ハウス」の指示だけで入れる

「ハウス」の指示で中に入れ「OK」を出し、これをくり返します。 ①、②をくり返し練習し、指示で入ることに慣れさせましょう。これがポイントとなります。 それと同時にハウスの中にいる時間を少しずつ伸ばしていき、最終的には長時間入っていられるようにしましょう。

Q&Aハウスのこんなときどうする?

Q、ハウスの中に入ってくれません

A、屋根を外して練習する

警戒心が強いことが考えられます。 おやつを使っても中に入らない場合、犬に見られないように屋根をはずして誘導してみましょう。 警戒心を薄れさせるために、クレートの底に愛犬のにおいがついた敷物を敷くのも効果的です。 クレートの屋根を外し、その中にフードを入れて、クレートに興味を持たせることから始め、慣れたら元の形に戻し、STEP1から練習しましょう。

Q、扉を閉めると騒ぎます

A、静かになるまで無視

クレートの扉を閉めた時、犬が吠えたり、暴れたりしても出さないようにしましょう。 吠えたり、暴れたりしたら出してもらえることを覚えてしまい、クレートに慣れさせることが難しくなってしまうため、絶対に出さないようにしましょう。 静かになるまでは無視し、騒がなくなって完全に落ち着いたら出して練習しなおすようにしましょう。 初めて扉を閉めるときは、いきなり閉めるのではなく、少しずつ閉めるようにしましょう。


「ハウス」のしつけ方について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

クレートの中に指示をして入ってくれるようになると、お客様がきたときなどにスムーズに案内できるようになるので、ぜひやっておきたいトレーニングです。 一つ一つのトレーニングを確実にやっていくと、信頼関係も築けて楽しくなりますよ♪

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。