教え方(しつけ方法)の基本

スポンサードリンク

教え方(しつけ方法)の基本


犬のしつけ

犬に得な結果と結び付け教えていく

犬は得なことをして損なことはしない頭のいい動物です。
犬は体験を通して学習し、繰り返すことでその行動を習慣化していきます。
しつけをするときや、トイレを教えるときなどは、繰り返し犬の得になるように体験させればいいのです。


行動の基準は損になるのか、得になるのか?というところです。
得することは繰り返し、損をすることは繰り返さなくなります。


例えば、「この行動をとったら、褒めてもらえた!」という得な体験を何度もすることで、得な結果を予測するようになり、その行動を自らするようになります。
逆にしてほしくない行動は、得な結果と結びつかないようにする必要もあります。

いいことが起こればその行動を繰り返します

「おいで」の指示で飼い主のそばに行ったら褒めてもらえた!
これは犬からしたら、得した!と感じます。

いいことが起きなければその行動をしなくなります

遊んでほしいときに、飼い主に遊んで!と吠えてみたけど、遊んでもらえなかった。
損した...と感じしなくなります。

してほしいことはおやつなど得することと結びつけること、してほしくないことと得する結果が結びつかないようにしましょう。


してほしくない行動が得する結果になってしまっている場合があります。

食事の準備中にほえたりして、吠えているからと急いで準備してしまう

うんちを食べていたから、なんで食べるの!と騒いでしまった。

歩く足にじゃれがみしてくるから、やめてと言いつつ逃げてしまった

夜鳴きするから、かわいそうだし、近所迷惑だしと見に行ってしまう。

これらの行動は、どれも犬が何かをして飼い主が反応してます。
この反応が犬からしたら、反応があって楽しい!などと思ってしまいます。
特に夜鳴きをするときにそばによるのは今後してしまう可能性があるので、必ず避けるようにしましょう。


教え方(しつけ方法)の基本について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

トイレから始まり、犬は躾をしていけば頭のいい動物なので、必ず覚えていってくれます。 気持ち的な部分の取り組みとして、うまく犬が動いてくれないのは自分の躾のやり方が間違っているのではないかと思ってみましょう。 犬は何も悪くありませんので、間違えないように。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。