愛犬のしつけ時に飼い主が気を付けること

スポンサードリンク

愛犬のしつけ時に飼い主が気を付けること


犬のしつけ

しつけのポイントは「しからず」に「ほめる」ということが重要です。

犬を飼ったら一番最初にやらないといけないことといえばしつけです。
やはりこれができないと、無駄吠えをしたり、噛みついてしまったり、落ち着きがなかったりといいことがありません。


しつけの鉄則(コツ)を押さえて、子犬のころからしっかり躾をしていきましょう。

犬にしつけが必要な理由を理解しておきましょう。

人と犬が快適に暮らすためには、ルールやマナーを犬に覚えてもらう必要があります。


躾をしっかりしなければ、どこでも何かあるたびに吠え、興奮すれば走り回る。などなど犬の本能に従って行動してしまうからです。


では、人間の言葉を理解することができない犬にどうやって教えていけばいいのでしょうか?

正しい行動を選ばせる、やらせてはだめ

このサイトで紹介すのは、ほめて教えるしつけです。
犬が正解の行動をとったらほめてごほうびなどもあげましょう。その行動自体が犬に「この行動が正解なんだよ」と教えてことができます。


犬が「あっちではなく、ここでおしっこをすれば、ごほうびがもらえる!」と正解の行動を選ぶように導くのです。


犬の学習パターンを利用した科学的なトレーニング方法なので、正しい方法で躾をすれば確実に成果が出ると思います。


この方法なら、犬も飼い主もストレスがなく、楽しくトレーニングすることができます。

一方、体罰をあたえたり、しかったりする方法は、正解の行動を教えられないうえ、犬が飼い主に恐怖心を抱くようになる可能性が高いです。
家庭犬のしつけにはやってはいいけない事柄の一つです。

ほめて教えるメリット

・科学的理論に基づいているから成果が出やすい
犬の学習パターンを利用した科学的なトレーニング方法なので、正しいやり方で行えば、確実に成果がでてきます。

・愛犬との信頼関係を築けます。
飼い主はごほうびをくれる優しい存在。しかることもしないし、傷つけることもしないから、犬は飼い主をどんどん信頼してくれます。

・犬も飼い主も楽しくトレーニング
犬はほめられることが大好きなのです。
ごほうびをもらえるなら、なおさらやる気アップです。愛犬の失敗ではなく、成功に目を向けられることで、飼い主も前向きな気持ちで教えられます。

POINT!!

叱る方法では犬には正しく伝わらない
褒めることで犬に正しい行動を教えられる


しかられたときの犬の思考回路は?

犬は褒めてしつけをしないと勘違いをしてしまうものです。
例えば、トイレ以外の場所で排泄して怒られた

こういったときにどういった考えをもつのかというと

怒られた場合

犬はなんでこわい顔して怒っているんだろう。
飼い主がこわい顔をしているので、怒っていることはわかります。
しかし言葉がわからないから、怒られている理由はわかりません。

するとどうなるか。

排泄そのものをよくないものと思い隠れてするようになります。

結局、排泄の場所についてしかられているとは理解できないので、別のトイレではない場所でオシッコしてしまいます。


飼い主が騒いでしまう場合

ここでオシッコしたら飼い主が飛んできてかまってもらえたぞ。
なんて思われてしまいます。
そういったことをしてしまうと、かまってほしいときにわざとそういった行動をするようになってしまうため、気を付けましょう。


わざとトイレ以外の場所でオシッコして飼い主の気をひこうとされてしまったらかないませんからね。


愛犬のしつけ時に飼い主が気を付けることについて「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

躾はやり方を間違えなければ、科学的にも証明されているものなので、必ずうまくいくでしょう。 犬のことを大切に思っているのであればこそ、強い意志で根気よくしつけをしていきましょう。 子犬の時からやっておけば比較的簡単にしつけることができますよ♪



スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。