愛犬の困った行動を未然に防ぐ方法

スポンサードリンク

愛犬の困った行動を未然に防ぐ方法


犬のしつけ

困った行動は未然に防いでおくとあとがラク

人間の言葉がわからない犬は、経験を通じて学習していきます。
そのため、やってほしくないことは体験できないようにしてしまえばいいのです。
そういった環境作りも飼い主さんの躾の一つなのかもしれません。


ゴミ箱はいたずらされるかもしれないので、犬の行動範囲内に置かない。
玄関マットはトイレと間違えるかもしれないのでしまう。など工夫しておきましょう。


また犬の行動の一歩先を読むことでふせげることもあります。
たとえば、散歩中、道端のゴミに素早く気づいて近づかせなければ、拾い食いできず体験しなければ習慣化することもないのです。

部屋も工夫次第で困ったを減らせれる

・いたずらされるものは置かない
かじられたら困るもの、壊されたら困るものを、犬の口の届く範囲に置かないことが重要です。事前に片づけてしまえばいたずらされる心配もありません。

・入れない工夫で入ってほしくないところには入れない。
サークルの外に出すときも、目を離す際はサークルへ入れておきましょう。
キッチンなどの入ってほしくない場所には柵などで入れない工夫をしておきましょう。

・素材に注意!トイレと間違えやすいものは置かないようにする
フローリングの上に異素材のものを置くと、トイレシーツと間違えることがあります。
犬がトイレを覚えるまでは玄関マットやキッチンマット、バスマットは撤収します。


POINT!!

環境や行動を工夫することで、悪い体験をさせず習慣化させないことが重要です。

飼い主の行動で困った行動を事前に防ぎましょう。

刺激の多い外では、飼い主が周囲にアンテナを張り巡らせておくことが重要です。

拾い食いをしてしまうなら犬より前にそのゴミに気づきましょう

ゴミの存在にいち早く気付けば、犬がゴミをとれない位置を歩けます。
ゴミの横を通り過ぎることができたらほめます。


ほかの犬にほえやすいなら犬より前にその存在に気づくようにしましょう。

遠くのほうに他の犬がいることに気づけば、その犬とは逆方向に方向転換できます。
他の犬が遠くに見えたけど、無反応で歩けたら褒めてあげましょう。


愛犬の困った行動を未然に防ぐ方法について「犬のしつけ方」運営チームからのお知らせ

習慣化させたくないものは、事前に対策をうてることがほとんどです。 犬も協力して上手に防ぐことができたらしっかりほめてあげることが重要です。 忘れずにおやつをポケットにしのばせておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。