トイレの躾(しつけ)で飼い主が抱く疑問と解決方法(Q&A)

スポンサードリンク

トイレの躾(しつけ)で飼い主が抱く疑問と解決方法(Q&A)


犬のしつけ

愛犬のトイレの困ったをQ&A形式で紹介しています。

トイレで悩む飼い主さんが多いと思います。 よくいただく質問をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

決まった場所でしないのは自然なこと

トイレを犬に覚えてもらうために重要なことは、「しからない」ということです。 しかることにより、隠れてするなどのリスクがあります。 犬にはそもそも決まった場所で排泄する習慣はありません。 トイレトレーニングを完璧にマスターするまでは、トイレ以外の場所で排泄してしまったとしても仕方ないことです。 犬には悪気はないと思ってトレーニングをやり直しましょう。 マーキングや食フンも飼い主にとっては厄介な問題です。 しかし、これも犬の本能からきている行動です。 近道は、決してしからず、根気よく対処することです。

排泄のタイミング

  • 寝て起きた時
  • 水を飲んだあと
  • 食事のあと
  • 遊びのあと
  • 興奮した時
  • ハウスから出てはしゃいだあと

犬が排泄を我慢できる時間

ある程度成犬になると排泄をコントロールできますが、生後6ヵ月くらいまでは「月齢+1時間」ほどしか我慢することができません。 排泄時間の見当をつけ、トイレトレーニングをしましょう。


飼い主さんが抱く悩みや疑問というのは大体同じです。 誰かが思った質問はシェアしていきましょう。愛犬がトイレをしっかりできるようになるととっても楽になりますよ。 外出先でも便利ですし、気になるところはQ&Aで見てみましょう!

スポンサードリンク
見ていない時に失敗してしまう
見ている時はうまくできるのに・・・ トイレを覚えていないうちの失敗は、犬ではなく飼い主の責任です。見ていられないときはサークルへ。失敗があるうちは、まだトイレを完璧に覚えていないということです。トイレを覚えるまでは、飼い主が常に犬の排泄を管理する必要があ
トイレからはみ出してしまう
「ワイルドだろぉ?」って言ってる場合じゃない! 犬はちゃんとトイレでしているつもりなのです。お尻がはみ出ないようトイレ環境を整えましょう。トイレからお尻がはみ出してしまっていても、犬としては決められた場所できちんと排泄しているつもりです。まず、今使ってい
家族が帰るとおもらしをしてしまう
おもらししちゃうくらい喜んでくれるのはうれしい。でも・・・ 大好きな飼い主が帰ってくると、犬はうれしくて、興奮してしまうものです。子犬のうちは特に排泄をコントロールする筋肉などが発達していないため、興奮するとおもらしをしてしまうことがあります。いわゆる「
玄関マットの上でしてしまう
玄関マットはトイレじゃないよ! トイレと勘違いしやすいマット類は、トイレを完璧に覚えるまでは使わないようにしましょう。犬からしてみると、「ここトイレだよね?」ということに。床がフローリングからマットに変わる感覚が、フローリングからトイレシーツに変わるのと
家のなかでしかトイレできない
外でもできるとお出かけできるよ! 子犬のうちは、散歩にまだ慣れていないため、外の世界に興味津津なため、「オシッコなんてしている場合じゃないよ!」という気持ちになります。成犬になってもしない場合は、よっぽどのこだわりがあるのかもしれません。「外でしているう
外でしかトイレできない
少しずつ慣れさせましょう 家で排泄しなくなって日が浅い場合は、「庭付き一戸建て」で再トレーニングしましょう。何年もたっている場合は、いきなり家の中のトイレでさせようとしても我慢してしまう犬が多いため、外でしている雰囲気のトイレを作り練習しましょう。まず、
部屋のあちこちにオシッコをかける
部屋のあちこちにオシッコをかける オス犬はマーキングを縄張りを保持するためにします。生後6~7ヵ月以降で、あちこちに頻繁にオシッコをします。足を上げて、オシッコを引っかけるならそれはマーキングです。犬にとって本能的な行動です。防ぐことは困難ですが、早めに
ウンチを食べてしまう
ウンチを食べちゃダメ! 成長とともに食フンはしなくなることが多いようですが、中にはミネラル不足といった栄養不足だったり寄生虫がいたりと、体に問題があることもあります。そのためまずは獣医師に相談してみましょう。また排泄物がいつまでもあると、食フンにつながっ