見ていない時に失敗してしまう

スポンサードリンク

見ている時はうまくできるのに・・・


犬のしつけ

トイレを覚えていないうちの失敗は、犬ではなく飼い主の責任です。
見ていられないときはサークルへ。


失敗があるうちは、まだトイレを完璧に覚えていないということです。
トイレを覚えるまでは、飼い主が常に犬の排泄を管理する必要があります。
そのためトイレトレーニング中の粗相は、飼い主の失敗だと考えましょう。


トイレトレーニング中、犬から目を離す時にはトイレシーツを全面に敷き詰めたサークルに入れ、失敗できない環境にします。
そして、犬を見ていられる時にトイレトレーニングを行いましょう。
また、失敗してもしからないようにしましょう。


しかっても犬には意味がわからないため、無言で速やかに片付けを行い、犬が見ていない時ににおいを消すようにしましょう。


対処のポイント

床全面にトイレシーツを敷き詰めたサークルに

基本的に目を離す時は犬をサークルに入れておきますが、そのサークルもトイレトレーニングに適したものに変えましょう。 まず、サークルの面積はできるだけ大きくし、トイレシーツを床前面に敷き詰め、すみにクレートを置きそこをハウスにします。

クレートの中には毛布などを入れ、寝られるようにします。 そしてこの中で食事もさせ、「クレートは起床兼、食事場所」と覚えさせます。 ハウスから出たら全面がトイレシーツとなるので、排泄をどこでしても成功となります。

犬には起床や、食事場所を汚さないようにする習性があります。 そのためクレートから離れて、排泄するようになります。 同じような場所で毎回排泄することで、だんだんとそこをトイレとして認識するようになります。 そうしたら、排泄しない部分のトイレシーツを外し、基本の「庭付き一戸建て」へとステップアップします。


トイレのしつけはしっかりと覚えさせたいですねっ♪

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。