外でしかトイレできない

スポンサードリンク

少しずつ慣れさせましょう


犬のしつけ

家で排泄しなくなって日が浅い場合は、「庭付き一戸建て」で再トレーニングしましょう。
何年もたっている場合は、いきなり家の中のトイレでさせようとしても我慢してしまう犬が多いため、外でしている雰囲気のトイレを作り練習しましょう。


まず、ベランダや庭、ガレージなど自宅の敷地内にトイレシーツを敷いたトイレを作ります。


そして犬が排泄したくなる時間帯にトイレに連れて行き、排泄できたら、ほめて散歩に連れていきます。


これを続けるうちに、「トイレシーツの感触=排泄」と覚えていくため、そうなったら室内の「庭付き一戸建て」でトレーニングしましょう。


対処のポイント

ワンツー合図

排泄中「ワンツー」と声をかけてトイレの合図にすると将来合図だけで排泄するようになる犬もいます。

野外にトイレを作り外でしている雰囲気を演出

小さなベランダであれば、トイレシーツをそこに敷き詰めます。 大きなベランダや庭、ガレージなどの場合はサークルで囲い、その中にトイレシーツを敷き詰めます。

トイレシーツのポールを置く方法も

トイレシーツを水を入れたペットボトルに表向きに巻き、トイレの中央に置き、電柱の感覚でそこに向けて排泄する犬もいます。

ほかの犬のオシッコつき

ほかの犬のオシッコがシーツについているとマーキングの感覚で排泄できる犬もいます。



トイレシーツをうまく利用しましょう♪

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。