家族が帰るとおもらしをしてしまう

スポンサードリンク

おもらししちゃうくらい喜んでくれるのはうれしい。でも・・・


犬のしつけ

大好きな飼い主が帰ってくると、犬はうれしくて、興奮してしまうものです。


子犬のうちは特に排泄をコントロールする筋肉などが発達していないため、興奮するとおもらしをしてしまうことがあります。
いわゆる「ウレション」です。


飼い主の対応がウレションしてしまうまでの興奮の引き金となっていることが多いです。


大げさに「ただいま~!良いこにしてた?」などとあいさつすると、犬の興奮をあおることになるためやめましょう。
犬がウレションしてしまっても、「オシッコしたらウケがよかった」と勘違いさせないようにするためにも騒がず、冷静に対応することも大切です。

対処のポイント

帰宅時のあいさつを変えよう

①帰宅時に犬が興奮していたら無視 犬が興奮していたら無視しましょう。

無視することにより、犬の興奮を抑えることができます。 それでもウレションしてしまっても反応しないこと。

②静かになったら犬と向き合う

犬が落ち着いたら声をかけ、興奮しているときではなく、落ち着いているときにかまってもらえると教えます。



おもらしするくらい帰宅を喜んでくれるのは、気分がいいものですがしっかりしつけましょうね♪

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。