うなったり噛んだりするのを辞めさせる方法

スポンサードリンク

飼い犬に手を噛まれないために


犬のしつけ

飼い主さんが持つ悩みとして多いのがうなったり噛んだりする行動です。
この問題行動も実は理由が原因があるのです。こちらのページから一つ一つ愛犬と照らし合わせて考えていってみましょう。

子犬のじゃれ噛みも絶対にやめさせたい

子犬がじゃれて浅く噛むというのは遊びの一環です。 本能的に人間の手も犬の目の前でひらひら動けば捕らえたくなり噛んでしまいます。

人を噛む行動はじゃれ噛みでもケガをする場合もあるため、子犬のうちに絶対にやめさせるようにしましょう。 攻撃の場合もあります。

犬の体に触ろうとすると噛んだり、犬に近づいただけでうなったり、噛んだりする場合は明らかに攻撃です。 攻撃については個別の対処法が必要となり、その原因や程度、飼い主との関係性や犬の性格などによります。

この場合、ほめるしつけのドッグトレーナーなど専門家の指導を受けることをおすすめします。

噛み方の種類と対処法

「じゃれ噛み」

・特徴

子犬に多く、牙を立てて強く噛むことはないです。

・原因

動くものに反応してしまいます。 遊びや運動不足が原因となり、エネルギーがありまっています。

・対処法

十分にエネルギーを遊びや運動で発散させましょう。 ハウスリードコントロールでじゃれ噛みができないようにしましょう。


「攻撃」

・特徴

成犬にみられます。 いろいろな物事に慣れていない犬に多くみられます。

・原因

嫌いなことをやめさせようとして噛み、怖いものを追いはらおうとして噛みます。

・対処法

何を嫌がったり怖がったりしているのか原因を知り、これ以上噛む経験をさせないようにしましょう。 専門家に相談し、トレーニングを始めましょう。


うなったり噛んだりする行動は犬としては当たり前の行動なのです。 それらを先ず理解してあげることも重要だと思います。 運営チームスタッフの愛犬も、改善ポイントをしっかり押さえたら成犬でも問題行動はすぐになくなりました。 何事も原因があるということですね。

スポンサードリンク
足にじゃれて噛んでくる
しつけは子犬のうちから 動くものに興味をそそられる習性が犬にはあります。とくに子犬のうちは、飼い主が家の中を忙しく動き回っている時などあちこち動く足を見て遊びたくなってしまいます。そのため、思わず足やズボンにじゃれて噛んでしまうものです。犬をかまってあげ
遊んでいるうちに手を噛んでくる
手を噛むのをクセにしない 動くものを追う習性を犬は持っています。犬の目の前で手をひらひらさせないようにしましょう。そして手で遊ばないでおもちゃで遊ぶことを徹底させましょう。人と遊ぶときは、引っぱりっこしましょう。口からはみ出る大きさのロープ状のおもちゃを
寝ているとき触ろうとするとうなる
Do not disturb! 気持ちよく寝ているところを人間が触って邪魔をしたためそれをやめさせようとしてうなっています。うなって脅したらやめてくれた。こういう経験を一度でもすると、「うなれば嫌な行動をやめさせることができる」と学習してしまいます。そう