遊んでいるうちに手を噛んでくる

スポンサードリンク

手を噛むのをクセにしない


犬のしつけ

動くものを追う習性を犬は持っています。
犬の目の前で手をひらひらさせないようにしましょう。


そして手で遊ばないでおもちゃで遊ぶことを徹底させましょう。
人と遊ぶときは、引っぱりっこしましょう。


口からはみ出る大きさのロープ状のおもちゃを使い行います。
基本は、かまなくなるまではリードをつけて握ったまま遊びます。


途中で手を噛みそうになった場合、すぐにおもちゃを取り上げて遊びを中止します。
そして、無視しましょう。


上手に遊べるなら、ひっぱりっこをしばらく続けたあと、動きを止めて口から出させます。
この瞬間に「チョウダイ」などの号令をかけましょう。


対処のポイント

・引っ張りっこ遊びを教えて、手では遊ばない
「オスワリ」を一度させてから「OK」の指示で、引っ張りっこを始めます。
遊びの中で、噛んでもいいものは人間の手ではなく、おもちゃだということを教えましょう。


・手の甲に苦い味をつけておく
噛みつきを防止する苦い味のスプレーをかけておくと、まずくて噛みたくなくなる犬もいます。
ここで注意ですが、手のひらは、なでたりご褒美をあげたりする際に使うため、手の甲にかけましょう。
また、トレーニングの際は使用しないようにしましょう。



噛んではいけないものをしっかりと教え込みましょうね♪
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。