くわえたおもちゃを放さない

スポンサードリンク

くわえたおもちゃを放さない


犬のしつけ

なかなかおもちゃを放さないことがあります。
しかしその際無理やり取り上げようとすれば犬は、「宝物を奪われる」とかえって頑固になってしまいます。
こうなってしまった際に口をこじ開けて取ろうものなら噛まれてしまいます。

犬が危険なものをくわえてしまったなど、万が一の時の為にも、飼い主が指示したらくわえているものを放す「チョウダイ」をマスターしましょう。

二つのおもちゃを使って「チョウダイ」を教えるトレーニングをしましょう。
それと同時に大切なことは、日頃から口を開けることに慣らしておくことです。

対処のポイント

・日頃から口を開ける練習をしておく

「チョウダイ」でおもちゃを放すようにしつけます。 それと同時に万が一危険なものを口にしてしまった時に為にも日頃から口を開けるトレーニングをしていきましょう。

注意

・おもちゃをおやつと交換させるのはNG

おもちゃよりも魅力的なおやつを出せば犬はおもちゃを放すはずです。 しかしおやつが大好きな犬は「おもちゃで遊ぶとおやつがもらえる」と覚え、「おもちゃはいいからおやつちょうだい」となってしまいます。

そしておもちゃ遊びに興味がなくなってしまいます。


二つ目のおもちゃでチョウダイを教えよう

リードでコントロールできるよう、必ずリードをつけて行い、「オスワリ」→「アイコンタクト」し、「OK」で遊び始めましょう。

①おもちゃをふたつ持ち片方で遊ぶ

両手におもちゃを持ち、「オスワリ→アイコンタクト→OK」で引っぱりっこをスタートし、片方のおもちゃで引っぱりっこし、もう一方は隠しておきます。

②もう一方のおもちゃを見せて交換

もう一方のおもちゃを見せると、自然に犬はくわえていたおもちゃを放します。 このときに「チョウダイ」言います。

③二つ目のおもちゃで遊ぶ

「OK」と許可を出します。 そして二つ目のおもちゃで遊びます。 しばらしまた、初めのおもちゃを見せて交換します。 これをくり返し、遊びます。

④最後はおやつをあげておしまい

最後おもちゃを放したら「チョウダイ」と言います。 そして今度はおやつをあげます。 家族におやつを手渡してもらうとスムーズです。



ワンコも最後はおもちゃよりおやつですね♪
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。