子どものいうことをきかない

スポンサードリンク

子どものいうことをきかない


犬のしつけ

小学生以下の子どもは大人と同じように、犬に与える指示に責任を持つことができません。

犬に「マッテ」をさせても、別のことに夢中になって「OK」を出すのを忘れてしまうかもしれません。
このように指示に一貫性がないと、犬は混乱してしまい、トレーニングの妨げになることがあります。



犬のしつけ2

子どものうちは、犬にいうことをきかせるというより、「一緒にいると楽しい」という存在を目指す方が良いでしょう。
例として、食事をあげたり、散歩の準備をしたり、年齢に合わせてできることをやりましょう。

親の補助のもとでやらせてあげる方が良いでしょう。


広い公園などで、子どもにリードを持たせるときは大人も後ろからリードを持つ

子どもは犬と散歩に行きたがるものです。

しかし、必ず親も同伴しましょう。

なぜなら、何かのアクシデントで子どもがリードを放してしまい、犬が事故にあってしまった場合子どもの心も傷つけてしまいます。

子どもにリードを持たせるときは万が一に備え、大人用のリードもつけましょう。 2本のリードで散歩しましょう。



子供が犬と遊ぶ時には保護者がしっかりとついてあげましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。