リードをつけようとすると嫌がる

スポンサードリンク

拘束されたくない


犬のしつけ

最初リードをつけられたとき重かったり、うっとうしかったりなどから嫌がる犬がいます。
嫌がっているときに飼い主が外してしまうと、「嫌がれば外してくれる」と覚えていしまいます。


しかし、ノーリードでの外出はルール違反です。


リードは万が一の時の命綱でもあるため、必ず慣らしていきましょう。
はじめは、何かに夢中にさせるため、コングやガムなど長持ちするおやつなどを与え、夢中になっている間に手早く装着しましょう。
装着できたらほめます。


そして、少しの間、おやつを楽しませてあげたら、別に用意した食べ切りのおやつと交換し、「リード=おいしいもの」と良いイメージを与えましょう。


おやつを使ってリードをつけることに慣らそう

①ひざにおやつをはさんでそっと装着

犬に持っていかれないように膝のあいだに長持ちするおやつをはさみ食べさせます。
首輪の金具を上に持ち上げ食べている間に、リードをさっと装着します。

②新しい食べ切りのおやつと交換

おやつを返してもらうために、別の食べ切りのおやつのにおいをかがせます。
口からだしたら「チョウダイ」と言い、おやつを下げ食べ切りのおやつをあげましょう。



リードにしっかり慣れさせましょうね♪
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。